More freely

アラフィフのはたらくお母さんのひとりごと

まだまだ捨てれた

普段からモノがたまらないようにガンガン捨てていて、モノ少ないねと言われる我が家であるが、年末にあるブログに出会い、改めて家の中を見ると捨てるものがたくさんあって、捨てまくった。

10袋くらいは捨てたし、3袋くらいは人にあげた。

改めて捨てたのは、

・高価なもらいもの(ブリザードフラワー)。でももう3年近く飾っておいたので十分かと思い捨てた。

・子供服。自分の服。1年着ない服は高かったものも捨てた。

・なんとウエディングドレス。何十年も段ボールの中に入れっぱなしで、この先着ることもないし、リサイクルもしないので捨てた。

・写真。自分が子供のときのものは一部残してあとは捨てた。

・着物。お下がりでいただいたものだが、着ることはない。

・靴。高かったので履き心地は悪いが捨てれなかったが、捨てた。

靴って、汚れるし酷使するものだから、1年も履いたら十分すぎるような気がする。

・本。いつか読む、また読む、というのは捨てた。図書館で借りるかkindleで買う。

・問題集。子供のも、私のも(英語など)。今使わないものは不要なものとして捨てた。必要なときに必要なものを買う、というか、買うことで満足している部分が大きかったことに気づいた。

・食器。日ごろ使わないものは捨てた。徳利(っていうの?日本酒いれる)がなぜか数本あって、何十年もとってたのが自分でも謎。箸置きも1セットのこしてあとは捨てた。普段使っていないので。

 

基本的に、

・今使っていないものは捨てる

これですね。

いつか使うってのは、使う時に買うか借りるかすればいいのである。

それで、捨てると、捨てる手間もお金もいるので、モノを買うのが嫌になります。

捨てるために買ってるんだもんね。

あとは、空間が大きくなるので、散らからなくなります。

掃除が今まで以上にラクになった。

これからも買うものは最低限にして、不要になったものは即捨てていきたい。